尼崎市の電気工事は株式会社森下電気設備にお任せください

 

  事業内容太陽光発電

CO2削減で環境にやさしい企業に


これからの予測として、環境保護活動に貢献している企業と、環境問題にあまり関心を示していない企業の間では、格差が今以上に付いていくと思われます。太陽光発電システムの導入の考え方として、これまでは電気代の経費削減を目的とした考え方が多かったのですが、最近では、削減が導入目的の第一の理由ではなくなり、太陽光発電システムの経費を地球に対する貢献と考え、環境保護活動(CO2削減など)の先駆者になろうと考える企業が増えております。
太陽光発電システムの設置により、企業イメージが好転し、増収に繋がっている事例もでております
 

電力需要の削減 

 
太陽光発電システムの導入により、電気を発電させ使用する事ができるので、電力会社からの電力の購入を減らす事ができます。
また、太陽光発電システムを導入し、平均使用電力を監視する事で、契約基本料金を削減する事も可能となります。
 

遮熱硬化で冷房被費を削減

 
夏場、折板屋根の工場では、60度以上に屋根の温度がなる為、屋根の温度と同様に室内の温度も上がりやすくなります。
屋根に取り付ける太陽光発電モジュールが直射日光を遮断するので、太陽光発電システムを設置する事で工場内の冷房効果が上がり、電気料金の節約につながります。
また、屋根と太陽光発電モジュールとの間に隙間を空ける事で、空気が循環され、屋根の気温が上がるのを防ぐ事ができます。
 


節税効果

 
「エネルギー需給構造改革推進投資促進税制(エネ革制)」の「特別償却」などを受ける事ができます。
平成24年3月末まで、資源エネルギー庁が推進する「エネ革制」の即時償却が延長となりました。
エネ革税制とは、青色申告書を提出する法人・個人が、エネ革税制対象設備を直接購入し、1年以内に事業の為に使用した場合に法人税額(もしくは所得税)の特別控除または特別償却ができる制度です。
 


余剰電力買取制度

 
日中に発電し、店舗や事務所、工場で電力をそのまま使う事ができますが、消費電力が発電量より少ない場合には、電力を契約している電力会社に余剰分の電力を売る事ができます。電力の買取価格は条件を全て満たしている場合1kWあたり40円になります